ブーツのコバを塗り替える

ホワイツブーツ White's Boots MPシャーマン

家に届いて以来、溺愛しているホワイツブーツのMPシャーマンですが、ナチュラルなコバ色がカジュアル感を強めているのが気になっていました。そこで、思い切ってコバをダークブラウンに塗り変えました。2回失敗して、3回目でようやくうまくいったので、方法を残しておきます。

MPシャーマンのエイジングは、本記事時点で17回履いた状態です。まだまだこれからという感じですね。

目次

うまくいった方法

最初にうまくいった方法をご紹介します。画像は1回目〜3回目までを織り交ぜているので、背景が統一されておらずすみません。

STEP
マスキングテープでアッパーを保護する
ホワイツブーツ White's Boots MPシャーマン コバ塗り前

塗り替える前の状態です。

アッパーにコバインキが付くと取れにくいそうなので、マスキングテープでアッパーをコバに沿って一周保護します。マスキングテープは、貼る前に服につけたりして粘着力を落としておくのがポイントです。

STEP
コバのワックスをクリーナーで落とす

コバにワックスが付いている場合、クリーナーを使って落とします。このあと紙やすりで削るので、そこまで神経質にきれいにしなくても大丈夫です。

私はワックスを落とすために、強力なサフィールのレノマット リムーバーを使用しました。

STEP
紙やすりでコバを整える
ホワイツブーツ White's Boots MPシャーマン ヤスリがけ

2回目のトライの画像です。

150の耐水ペーパー(紙やすり)で、コバの毛羽立ちを整えます。私の場合、失敗した着色をここで削り取りました。そのあと、水を含ませたティッシュでコバを少し濡らして、500の耐水ペーパーで少し力をかけて擦り、さらに滑らかにするとともに、革の繊維を詰めてツヤを出します。

STEP
コバインキを塗る
コロンバス コバインキ コイチャ

コバインキをコバの革・ゴム両方に塗っていきます。両方に塗るのがポイントです。色を無理して乗せようとせず、薄塗りを心がけます。

コバインキの色は、クロ、コイチャ、チャの3種類あるので、好みのものを選びます。

¥990 (2024/06/28 02:23時点 | Amazon調べ)
STEP
コバインキをスポンジで拭き取る
コバインキをスポンジで拭き取る

画像は完成後に撮影したイメージです。

コバインキが乾かないうちに、スポンジでさっと拭き取って、ムラになるのを防ぎます。

一度乾かして、もう一度コバインキを塗って、スポンジで拭き取ります。2回も塗れば十分だと思います。

STEP
ワックスで保護&ツヤを与える
サフィールビーズワックスをコバに塗る

コバインキは水性なので、そのままだと雨などで取れやすくなります。このため、ワックスで保護しつつ、ツヤも与えます。これもコバの革・ゴム両方に塗って、全体を輝かせます。ワックスの使い方は通常と同じで、ネル生地で仕上げます。

失敗した方法

参考として、1回目と2回目にどのように失敗したのか載せておきます。

1. 革にコバインキを塗る

コバ塗り 失敗

ゴムには積極的に塗らなかったので、ゴムに色ムラができてしまいました。

2. ゴム部分をマスキングする

コバ塗り 失敗

「そうか、ゴム部分はコバインキを乗せない方がいいんだ」と思い込んだ結果、ゴムをマスキングすることに。

コバ塗り 革だけ

マスキング自体はそれなりに上手くいったのですが、当然ゴムは薄いままとなり、革との一体感がなく「これじゃない感」が…。

3. 三度目の正直

コバ塗り 成功例 細部は汚い…

YouTubeで靴職人や靴修理の方のコバの仕上げ方を研究した後、冒頭で紹介した方法でやり直し、一体感のある色合いになりました。ちなみに、出し縫いの糸周辺は細筆でちまちま塗りましたが、どうしてもきれいには仕上がりませんでした。

さいごに

ホワイツブーツ White's Boots MPシャーマン 履きおろし前

履きおろし前

ホワイツブーツ White's Boots MPシャーマン 17回着用 エイジング

17回着用

ツートーンでどこか派手だった印象が変わり、落ち着いたブーツになりました。細部は塗りきれていない部分もありますが、履き込むことで汚れて馴染んでいくと思います。

製作者のこだわりが伝わってくるモノ、革製品やApple製品が好きです。30代会社員、神奈川県在住。

目次